中国語| 日本語の| 英文
総合资讯

いまの位置:首頁-総合资讯 総合资讯

「小楽しい」進園林が勉強「大きな発見」

8.jpg

11月16日午前、園林運賃管理センターと『李晩報」が企画が組織した「楽?大発見」活動を楽しみに向かった。蘇州出身の30人の小中学生のなかへ入っていっ拙政园、耦園、花见は絶景に、遊覧船、耳が俳优、亭や楼閣、築山沼地発見知識と学問を探して、楽しみと霊感を与える。拙政园に変わる「魔法」の池とあずまや、耦园には、「違う」という挂け、弁舌の美しい山歌と俳优、楽たちの感じが浓い蘇州の香りがした。

庭园の中で「铁齿铜牙て」の敷居を着て、「鎧の「の藤をかぶって「ヴェール」の古井訊いても、楽達は知りたかった。キャスターの紹介で、みんなを通じて知ったためより良く保护園林になったことから、楽たちに対し、「クラシックは庭园、贵重な資源が必要だが、一人一人の一心に加护していきたい」とし、1人当たりの観光客が爱护庭には、着工の一草一木一石は、苏州庭园のこの一枚の都市の名刺を磨きより明るく」という共通の声が聞こえない。行事最終たら、楽たちの世界文化遺産のクラシックの庭园の保護監視センターで、一種の「庭园の印象」はその場で作文切ない。

今回の行事を「庭园の記憶」の作文コンテストの重要な内容で、学生向けへはいっていった園林を通じてを通じて、旅行での勉強部屋の普及苏州庭园の文化と遺産の知识を习得し、みんな愛する保護園林を意识している。